赤字 法人税

  • 会社清算における税務のポイント

    事業を行っていた会計年度の期首から解散の日までを「みなし事業年度」とみなし、まずこのみなし事業年度で法人税の申告などを行います。そして、解散の日から清算が終了する日までを通常の事業年度のように1年おきに区切り、その区切りをみなし事業年度をして設定することになります。仮に清算に1年以上の時間を要するのであれば、1年...

  • 赤字決算の場合の法人税について|申告は必要?

    法人は利益に応じて法人税を支払う必要がありますが、赤字の場合でも法人税申告を行っておくことで多くのメリットがあります。また、個人と異なり赤字であっても支払う必要のある税金があるため、法人税の申告は赤字であっても確実に行っておくのがよいといえます。本稿ではその理由について解説していきます。赤字決算の場合の法人税につ...

  • 設立支援の流れ

    具体的には、収入に対して課せられる税金が「所得税」ではなく税率の低い「法人税」となる、経費として計上できる項目が広範になる、といったことなどが挙げられます。一方で、法人を設立した場合の税務処理には専門的な知識が要求され、手続きが非常に煩雑になります。そのため、ご依頼者様の状況に応じて、法人を設立する際のメリット・...

  • 個人事務所設立・運営

    しかし、個人事務所を設立した際に支払う「法人税」の税率は最高でも23.2%であり、所得額が高額である場合には、個人事業主のほうが納める税金が少なくなる可能性があるのです。また、法人は個人事業主と比べて、経費として計上できる項目が広くなります。ご自身の収入なども経費として計上できることになり、課税の対象となる所得額...

  • 税務署等への書類の作成・提出

    毎事業年度には、法人税の確定申告書や個人の所得税の確定申告書の提出が必要になってきます。特に個人の場合には、青色申告になると提出書類が複雑化したり、売上などがどの所得に入るのかということも複雑なので、必ず確認しておくことが必要です。 坂口税理士事務所では新宿区、中野区、豊島区を中心に全国幅広く対応をしております。...

  • 青色申告と白色申告の違い|それぞれのメリット・デメリット

    赤字欠損を翌期以降に繰り越せないことや特別控除を受けられない点は大きなデメリットでしょう。 〇青色申告のメリットとデメリット青色申告のメリットは節税効果があるということです。青色申告特別控除として最大65万円の所得控除を受けることができます。また赤字が出た場合には3年間繰り越すことが可能です。一方で複式簿記での記...

  • 法人決算の流れ|提出書類も併せて解説

    主なものには、法人税申告書や消費税申告書、地方税申告書などがあります。 5 監査報告書監査役や監査法人が作成する、法人の財務状況や内部統制についての報告書です。法人決算を含む税務顧問に関するお悩みは坂口税理士事務所にご相談ください今回は、法人決算の流れと提出する書類について解説しました。書類の不備や期限内での提出...

  • 法人税の申告期限はいつ?延長する方法、過ぎた場合の対処法など

    法人は利益に対して法人税を支払う義務があります。法人税の申告には期限があり、この期限を過ぎてしまうと延滞税などが課税されることになります。本稿では、法人税を申告する際に申告期限はいつなのか、そして支払えない場合に延長する方法や過ぎた場合の対処法などについて解説していきます。法人税の申告期限と申告しないことへのペナ...

  • 税金や社会保険料の滞納中に法人破産・会社解散した場合

    坂口税理士事務所では、税務申告や税務署への書類の作成・提出、個人事業主の経費などに関する税務相談を承っております。法人破産・会社解散に関することは坂口税理士事務所までお問い合わせください 法人税に関してお困りのことがございましたらお気軽に当事務所までお問い合わせください。

Keyword

よく検索されるキーワード

Staff

税理士・公認会計士紹介

坂口勝啓税理士の写真
税理士・公認会計士 坂口 勝啓 Sakaguchi Katsuhiro
  • 所属団体

    2018年8月~  税理士会 東京会四谷支部 登録番号(136469)

    2010年10月~   日本公認会計士協会 東京会 登録番号(024618)

    2019年4月~  東京都トライアスロン連合 世田谷支部 監事

    2021年6月~  TKC全国会 四谷支部

  • 座右の銘
    • 士業は黒子であり、主役は事業会社・個人事業主である。我々はサポートするのみで、脇役に徹するのみである。
    • 目指すはよろず相談所、真摯なご相談は断らない。
  • 経歴
    • 1973年 6月  兵庫県尼崎市にて生を受ける
    • 1989年 3月  私立関西学院中学部卒業
    • 1992年 3月  私立関西学院高等部卒業
    • 1996年 3月  関西学院大学商学部卒業
    • 2003年 10月   公認会計士試験2次試験合格 公認会計士補登録
    • 2003年 10月   有限責任 あずさ監査法人入所
    • 2010年 2月  公認会計士登録
    • 2018年 7月  有限責任 あずさ監査法人退所
    • 2018年 8月  株式会社WARC入社
    • 2018年 8月  税理士登録 坂口税理士事務所開業
    • 2021年 2月  株式会社WARC退社
    • 2021年 3月  シンシア監査法人入所

    ◆2003年10月~公認会計士2次試験合格後、有限責任 あずさ監査法人入所

    主に、IPO監査業務に従事。IPO累計8社。

    その他、監査業務の他、IPO業務開発、セミナー運営、新規事業開発等を担う。

    ◆2018年8月~株式会社WARCに入社

    IPO監査の経験を生かし、IPOコンサルティングに従事し、IPOに関するPM業務や監査法人、証券会社対応について会社のサポートを行う。その他ハンズオンでの経営管理体制の構築に従事。

    ◆2018年8月~坂口税理士事務所を開業

    法人・個人の税務顧問を担当する際には、従前の顧問税理士業とは一線を画し、ただの記帳代行・申告書作成に留まらず、書面添付の実践、経営サポート、補助金・融資支援等、法人・個人がどんなことでも相談できるよろず相談所的な総合サービスを提供

    個人では、法人設立支援や、YouTuberをはじめとした個人事業主の税務面でのアドバイスを行う。

    法人では、創業社長からバトンを受け取った後継社長への事業承継プランの作成を行うなど、様々なご相談事項についてサポートを行う。

    ◆2021年3月~シンシア監査法人に入所

    IPO監査業務に従事するほか、IPO業務開発担当として日々IPO希望クライアントとの面談に従事。

Office

事務所概要

事務所名 坂口税理士事務所
代表者 坂口 勝啓
所在地 東京都新宿区須賀町1番地 サンコート四谷303
営業時間 9:00~18:00 (事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土日祝 (事前予約で休日対応可能です)