会社 清算 スケジュール

  • 会社清算の基本的なスケジュール|期間や費用など詳しく解説

    株式会社が解散をするときには持っている財産を株主に還元することや所有している債務を清算する手続きを行う必要があります。会社清算するにはすぐに清算を行うことができず、2か月ほどの期間がかかります。会社清算スケジュールは次のようなパターンが一般的です。 〇株主総会の特別決議、解散の決議と清算人の選任まず株主総会を...

  • 会社清算における税務のポイント

    会社清算する場合には、通常の事業を行っているときと違って押さえておかなければならないポイントがあります。会社清算における税務のポイントを必ず押さえておく様にしましょう。 ■会社清算における会計年度の考え方まず会社清算を行う際には会計年度を明確にする必要があります。まずこの会計年度を明確にするためのポイントとして...

  • 事業承継税制の活用

    ・前代表者は会社の代表であり、筆頭株主であること、そして株式の贈与時には代表を退任していること・後継者に関しては相続および贈与前一定期間役員であることや事業承継後代表となることこれらの条件がまずは満たされており、この他にも業種や資本金、従業員数によっても条件を満たしているかが変わってきます。 事業承継税制を活用す...

  • 親族への承継

    一般的に、親族の場合には会社経営に関する実務経験や知識がないことが多いので、事業承継をして独り立ちするには時間がかかります。そのため、5年など長い時間を準備期間として設定して事業承継を行うことが大切です。 ・税金についても考える必要がある事業承継をする際には、株式の承継も行うことが一般的です。株式の譲渡は譲渡所得...

  • 事業承継の進め方

    スケジュールは出来るだけ余裕を持っておくことが大切です。 ・事業承継を行う計画に則って事業承継を行います。 坂口税理士事務所では新宿区、中野区、豊島区を中心に全国幅広く対応をしております。「税務申告」や「税務署への書類の作成、提出」「個人事業主の経費」などに関する税務相談を承っております。「事業承継」に関してお困...

  • 資金繰り・融資相談

    会社を経営するにあたって、資金繰りはとても重要です。資金調達の方法として、銀行や自治体などの民間金融機関から融資を受ける方法が一般的です。ほかにも、国・自治体の運用する金融機関からの融資や、助成金や補助金の給付を受けるという方法もあります。 いかなる方法で資金繰りを行うか、税理士に相談することをおすすめします。

  • 月次訪問・記帳指導

    定期的に企業に訪問し、会社の経営状況や財務状況を把握・分析することで、的確なアドバイスをすることができます。 また、事業経営をするにあたって、記帳をつけることはとても重要です。ほとんどの場合、記帳の作成が義務付けられています。そのため、顧問税理士による記帳指導を受けることをおすすめします。記帳の際には勘定科目の仕...

  • クラウド会計を活用したサポート

    会計データの管理・運用・保全といったシステム運用は、サービス提供会社が行ってくれます。そのため、管理コストから解放される点がメリットです。そして、インターネット上のソフトであるため、一つのパソコンだけでなく、モバイル端末からもアクセス可能です。 もっとも、クラウド会計ソフトにもデメリットがあります。まず、ランニン...

  • 設立支援の流れ

    定款には、会社の住所や商号などの基本情報を記載しますが、その中には資本金額も含まれています。設定した資本金額によっては、消費税額や法人税率など、税務上の取り扱いが異なります。そのため、ご依頼者様の状況に応じて、適切な資本金額を検討いたします。 また、法人の設立後も、税務署へ法人設立届出書などの書類をすみやかに提出...

  • 毎月の源泉税の計算

    個人事業を行っていると、個人の所得だけでなく、特にYouTuberなどは、マネージャーにスケジュール管理やクライアントとの調整を行ってもらうというケースも多くあると思います。その際に問題になってくるのが、毎月の源泉徴収税の計算と実際の徴収です。雇用をしている場合には「給与」として支払いを行う必要があり、源泉徴収が...

  • 資金繰り表とは?活用方法や作り方など

    会社のキャッシュの管理を行う際には資金繰り表を用いることでスムーズな管理を行うことが可能になります。資金繰り表とはキャッシュの出入りを記録したものであり、収入と支出のバランスを記録したものです。この資金繰り表があることによって、キャッシュが毎月いくら増えているか、もしくは減っているか、ということを確認することがで...

Keyword

よく検索されるキーワード

Staff

税理士・公認会計士紹介

坂口勝啓税理士の写真
税理士・公認会計士 坂口 勝啓 Sakaguchi Katsuhiro
  • 所属団体

    2018年8月~  税理士会 東京会四谷支部 登録番号(136469)

    2010年10月~   日本公認会計士協会 東京会 登録番号(024618)

    2019年4月~  東京都トライアスロン連合 世田谷支部 監事

    2021年6月~  TKC全国会 四谷支部

  • 座右の銘
    • 士業は黒子であり、主役は事業会社・個人事業主である。我々はサポートするのみで、脇役に徹するのみである。
    • 目指すはよろず相談所、真摯なご相談は断らない。
  • 経歴
    • 1973年 6月  兵庫県尼崎市にて生を受ける
    • 1989年 3月  私立関西学院中学部卒業
    • 1992年 3月  私立関西学院高等部卒業
    • 1996年 3月  関西学院大学商学部卒業
    • 2003年 10月   公認会計士試験2次試験合格 公認会計士補登録
    • 2003年 10月   有限責任 あずさ監査法人入所
    • 2010年 2月  公認会計士登録
    • 2018年 7月  有限責任 あずさ監査法人退所
    • 2018年 8月  株式会社WARC入社
    • 2018年 8月  税理士登録 坂口税理士事務所開業
    • 2021年 2月  株式会社WARC退社
    • 2021年 3月  シンシア監査法人入所

    ◆2003年10月~公認会計士2次試験合格後、有限責任 あずさ監査法人入所

    主に、IPO監査業務に従事。IPO累計8社。

    その他、監査業務の他、IPO業務開発、セミナー運営、新規事業開発等を担う。

    ◆2018年8月~株式会社WARCに入社

    IPO監査の経験を生かし、IPOコンサルティングに従事し、IPOに関するPM業務や監査法人、証券会社対応について会社のサポートを行う。その他ハンズオンでの経営管理体制の構築に従事。

    ◆2018年8月~坂口税理士事務所を開業

    法人・個人の税務顧問を担当する際には、従前の顧問税理士業とは一線を画し、ただの記帳代行・申告書作成に留まらず、書面添付の実践、経営サポート、補助金・融資支援等、法人・個人がどんなことでも相談できるよろず相談所的な総合サービスを提供

    個人では、法人設立支援や、YouTuberをはじめとした個人事業主の税務面でのアドバイスを行う。

    法人では、創業社長からバトンを受け取った後継社長への事業承継プランの作成を行うなど、様々なご相談事項についてサポートを行う。

    ◆2021年3月~シンシア監査法人に入所

    IPO監査業務に従事するほか、IPO業務開発担当として日々IPO希望クライアントとの面談に従事。

Office

事務所概要

事務所名 坂口税理士事務所
代表者 坂口 勝啓
所在地 東京都新宿区須賀町1番地 サンコート四谷303
営業時間 9:00~18:00 (事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土日祝 (事前予約で休日対応可能です)