事業 継承 相談

  • M&Aの手法

    事業承継の方法として親族内での事業承継、そして従業員への事業承継のほかにM&Aによる事業承継の方法もあります。M&Aでの事業承継のメリットデメリット、そして注意点は以下の通りになります。 〇メリットとデメリット<メリット>・M&Aによる事業承継を行うことで、第三者法人などの盤石な財務状況の中で事業を継続することが...

  • 事業承継税制の活用

    事業承継を行う際に、親族への事業承継そして従業員への事業承継を行う場合に問題となってくるのが、相続税や贈与税などの「税金」の問題です。特に、先代の事業主で大きな成功を納めた場合には、自社株の評価額が高くなっている可能性もあるため、相続税や贈与税が多額になることも考えられます。このような際に事業を継続できないなどと...

  • 従業員への承継

    事業承継の際には親族だけでなく、親族以外、そしてM&Aではなく従業員に事業を引き継ぐという方法もあります。従業員に事業を引き継ぐメリットとしては、事業について理解のある後継者がつくため、事業承継に関する手続きのうちで実務的な経営に関することは時間をかけなくても済む可能性が高いです。しかし、事業承継の際に株式を移転...

  • 親族への承継

    事業承継を行うにあたっての一つの手段として「親族への事業承継」が挙げられます。この事業承継の方法は、お子様などの親族に自分の事業を引き継いでもらうという仕組みとなり、一般的に行われている方法の一つです。親族への事業承継を行う際のポイントや注意点は以下の通りです。 〇ポイントと注意点・事業承継のタイミングを明確にす...

  • 事業承継の進め方

    事業承継を行うには、3つの方法と4つのステップがあります。これらの方法とステップを理解していくことで、スムーズな事業承継が可能になります。事業承継をどのように進めていけばいいのかということをまとめていきます。 〇事業承継の3つの方法事業承継には3つの方法で行います。「親族内事業承継」、「親族外事業承継」、「第三者...

  • 資金繰り・融資相談

    いかなる方法で資金繰りを行うか、税理士に相談することをおすすめします。顧問税理士は、月次訪問などにより定期的に会社の経営状況、財務状況を把握しています。そのため、状況を分析・予測することで、会社にあった資金調達の方法を提案します。 そして、融資を受ける際にも、税理士を窓口にして融資相談することをおすすめします。

  • 月次訪問・記帳指導

    月次訪問とは、税理士が定期的に顧問先の企業に赴き、記帳指導、資金繰りなどの経営相談、税務相談、決算時の業務などを行うことをいいます。一般的には月に一度の訪問ですが、契約により、月に複数回、数か月に一度といった頻度で行うことも可能です。定期的に企業に訪問し、会社の経営状況や財務状況を把握・分析することで、的確なアド...

  • 資金繰表(実績・見込)の作成

    また、金融機関に融資を申し込む際に、事業計画書などと共に、資金繰り表の提出を求められる場合もあります。そのため、資金状況を内部で判断するためだけでなく、外部的にも資金繰りの状況を示すものであるから、資金繰り表はとても重要な書類といえます。そして、資金繰り表を作成することで、収入・支出の改善も見込めます。 資金繰り...

  • ECやアフィリエイト特有の申告の相談

    一般的な事業とは異なる点も多いため、確定申告の際は、税理士に相談することをおすすめします。 ベンチャーサポートについてご相談の際は、坂口税理士事務所までご連絡ください。当事務所は、新宿区、中野区、豊島区を中心にご相談を承っております。ベンチャーサポートのほかに、確定申告、個人事業主や法人の税務顧問、設立支援、事業...

  • クラウド会計を活用したサポート

    そこで、柔軟な会計処理をするためには、税理士に相談することをおすすめします。 ベンチャーサポートについてご相談の際は、坂口税理士事務所までご連絡ください。当事務所は、新宿区、中野区、豊島区を中心にご相談を承っております。ベンチャーサポートのほかに、確定申告、個人事業主や法人の税務顧問、設立支援、事業承継、申告相談...

  • 補助金・助成金

    これらは、受給条件を満たす個人事業主や法人が申請を行い、給付が決定すれば受け取ることが可能です。両者は、原則として返済が不要である点などは共通していますが、異なる点も存在します。ここでは、補助金・助成金の特徴についてご説明いたします。 ■補助金補助金は、主に国や地方公共団体から交付される資金であり、政策目的に沿う...

  • 資産管理・財務マネジメント

    資金調達とは、設備投資や事業の立ち上げなどの際に、まとまった資金を調達することを指します。資金調達は、適切なタイミングで行う必要があります。例えば、法人に資産がない状態では、そのリスクの高さから、金融機関などの貸付を受けられない場合があります。そのため、資金調達の適切な時期・方法をご提案させていただきます。 坂口...

  • 支払調書が必要になるケースとは?

    事業広告・宣伝に支払う賞金事業の広告・宣伝のために賞金を支払う際に、同一人物に対する年間支払額が50万円を超える場合には、支払調書を作成する必要があります。こちらの「事業広告・宣伝に支払う賞金」には、主にクイズ番組や一般人が参加する歌唱コンクールなどでスポンサーから提供される賞金が該当します。 坂口税理士事務所...

  • 設立支援の流れ

    しかし、税理士に相談することによって、手続きの負担を大幅に軽減する支援を得ることが可能となります。こちらでは、法人を設立する際に得られる支援の流れについてご説明いたします。 ①法人化した際のシミュレーション法人を設立した場合、税制上の優遇を受けられる場合がございます。具体的には、収入に対して課せられる税金が「所得...

  • 個人事務所設立・運営

    2%であり、所得額が高額である場合には、個人事業主のほうが納める税金が少なくなる可能性があるのです。また、法人は個人事業主と比べて、経費として計上できる項目が広くなります。ご自身の収入なども経費として計上できることになり、課税の対象となる所得額が減少することで、納める税金の負担が軽減する場合があります。 ■社会的...

  • 税務申告の相談

    しかし、個人事業主であるYouTuberやコスプレイヤー、モデルやタレントのような職業や事業を行っている方は、確定申告を必ず行わなければなりません。確定申告などといった税務申告を行う際には、様々なお悩みがあります。 「税務申告の方法がそもそも分からない」「税務申告に誤りがあり税金を多く支払ってしまわないか心配だ」...

  • YouTuberが経費にできるものは?

    YouTuberとして事業を行っていると、どの範囲までが経費として計上出来て、どこからが出来ないのかということが焦点となってきます。YouTuberが経費にできるものは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。ポイントを押さえていきましょう。 大前提として、YouTuberに限らず経費に出来るものとしては「事業...

  • 税務署等への書類の作成・提出

    個人事業を始めると、税務署等へ書類の作成や提出をする必要が出てきます。よく、個人事業を始めるとどのような書類を提出したらいいか分からない、ということが起こりますが、税務署へ書類を提出しないことによって、税金の特例を受けられないというデメリットも発生します。そのため、税務署へどのような書類を提出しなければならないか...

  • 毎月の源泉税の計算

    個人事業を行っていると、個人の所得だけでなく、特にコスプレイヤーやYouTuber、モデル、タレントなどでは、マネージャーにスケジュール管理やクライアントとの調整を行ってもらうというケースも多くあると思います。その際に問題になってくるのが、毎月の源泉徴収税の計算と実際の徴収です。雇用をしている場合には「給与」とし...

  • 確定申告(コスプレイヤー、YouTuber、モデル、タレント)

    近年、コスプレイヤーやYouTuberなどといった、いわゆる個人事業主で活動している方が非常に増えてまいりました。その中で問題となってくるのが、これらのお仕事をされている方の「確定申告」です。何を経費にしたらいいのか分からない、そもそもどのように確定申告をすればいいのかが分からないという方が非常に多く、確定申告を...

Keyword

よく検索されるキーワード

Staff

税理士・公認会計士紹介

坂口勝啓税理士の写真
税理士・公認会計士 坂口 勝啓 Sakaguchi Katsuhiro
  • 所属団体

    2018年8月~  税理士会 東京会四谷支部 登録番号(136469)

    2010年10月~   日本公認会計士協会 東京会 登録番号(024618)

    2019年4月~  東京都トライアスロン連合 世田谷支部 監事

    2021年6月~  TKC全国会 四谷支部

  • 座右の銘
    • 士業は黒子であり、主役は事業会社・個人事業主である。我々はサポートするのみで、脇役に徹するのみである。
    • 目指すはよろず相談所、真摯なご相談は断らない。
  • 経歴
    • 1973年 6月  兵庫県尼崎市にて生を受ける
    • 1989年 3月  私立関西学院中学部卒業
    • 1992年 3月  私立関西学院高等部卒業
    • 1996年 3月  関西学院大学商学部卒業
    • 2003年 10月   公認会計士試験2次試験合格 公認会計士補登録
    • 2003年 10月   有限責任 あずさ監査法人入所
    • 2010年 2月  公認会計士登録
    • 2018年 7月  有限責任 あずさ監査法人退所
    • 2018年 8月  株式会社WARC入社
    • 2018年 8月  税理士登録 坂口税理士事務所開業
    • 2021年 2月  株式会社WARC退社
    • 2021年 3月  シンシア監査法人入所

    ◆2003年10月~公認会計士2次試験合格後、有限責任 あずさ監査法人入所

    主に、IPO監査業務に従事。IPO累計8社。

    その他、監査業務の他、IPO業務開発、セミナー運営、新規事業開発等を担う。

    ◆2018年8月~株式会社WARCに入社

    IPO監査の経験を生かし、IPOコンサルティングに従事し、IPOに関するPM業務や監査法人、証券会社対応について会社のサポートを行う。その他ハンズオンでの経営管理体制の構築に従事。

    ◆2018年8月~坂口税理士事務所を開業

    法人・個人の税務顧問を担当する際には、従前の顧問税理士業とは一線を画し、ただの記帳代行・申告書作成に留まらず、書面添付の実践、経営サポート、補助金・融資支援等、法人・個人がどんなことでも相談できるよろず相談所的な総合サービスを提供

    個人では、法人設立支援や、YouTuberをはじめとした個人事業主の税務面でのアドバイスを行う。

    法人では、創業社長からバトンを受け取った後継社長への事業承継プランの作成を行うなど、様々なご相談事項についてサポートを行う。

    ◆2021年3月~シンシア監査法人に入所

    IPO監査業務に従事するほか、IPO業務開発担当として日々IPO希望クライアントとの面談に従事。

Office

事務所概要

事務所名 坂口税理士事務所
代表者 坂口 勝啓
所在地 東京都新宿区須賀町1番地 サンコート四谷303
営業時間 9:00~18:00 (事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土日祝 (事前予約で休日対応可能です)